スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ちゃん、恋しいよ

大ちゃん、ここでお散歩したね。

ブローニュの森


向こうのほうから、あなたが駆けてきてくれるような気がして、何度も振りかえった。
大ちゃん、会いたいよ。


Daisuke my love



スポンサーサイト

エルメスと大ちゃん

かっこいい男の子にはエルメスが似合う!

Dai

大輔が街角のポスターに!

大輔のポスターが街角にあったら、全部密に集めて回ってしまいそう、、、

大輔ポスター

パリ、最後の日 その3

その1とその2は8月29と30日の記事です。
続き物になっています。

事件が起こったのはこの場所です。
公園の端のフェンスです。
フェンスの向こうは緑のスペースが少々あって、その向こうは高速道路が下を通っています。

barriere


事件の張本人はこの子。お騒がせ姫です。

hime


姫はこの端にある塀の上を歩くのが大好きです。

hime


大輔は塀には登りません。普通に地面を歩いていました。
私の注意が大輔に向いていたその時、


突然現れたウサギを追いかけて姫がいきなり引っ張りました。

思わず、私の手からリードが離れてしまいました。


姫、フェンスの破れ目から向こう側へ走り去ってしまいました。


あわてて追いかけた私の手が、破れ目に引っかかってたフレックスリードの持ち手にかかる瞬間、「ズボッ」と持ち手もフェンスの向こう側へ消えていってしまいました。


私、真っ青!!!


フェンスの向こうは高速道路です。
もし、姫が高速道路に下りていってしまったら?
2時間後には空港に向かわないといけないのに、姫が見つからなかったら?

だいたい、フェンスの向こう側にどうやって入ればいいのでしょう?


大輔が姫のたてる音を頼りに、フェンスのこちら側をあっちこっちに走ってくれました。


で、このドアにたどり着きました。

door


同時に姫がドアの向こうに現れました。

その時の嬉しかったこと~。

そして、ドアに鍵がかかっていず、押すと開いてくれた時にはホッとして、ヘナヘナと座り込みそうになりました。


ママの心配をよそに、至極満足そうな姫です。
頭に草の実がたくさんついてます。
ドアを開けた時にお座りして待っててくれたのは嬉しかったけど、それにしても人騒がせメ!

hime


私のヒーロー、大輔くん。
やっぱりあなたは頼りになるわ~。

my hero


こうして、最後の散歩は無事に(?)幕を閉じたのでした。

姫ちゃん、今度はハトを狙うの、やめてよね~!

hato



この2時間後、空港でチェックインを待ってました。
大輔と姫はカートに積み上げたクレートの中です。
大輔は諦めているのか、おとなしくしていてくれました。

姫は?

姫は、クレートを齧る、クッションを引っかく、挙句に吠える!
悪行の限りを尽くしていましたが、私達が傍にいないほうが落ち着くと判断し、早々に係りの人に引渡してしまいました。

飛行機の中に入ってすぐに、大輔&姫の無事を確認すると、「クレートはもう機内に入っていて、ふたりとも元気でおとなしくしてます」とのこと。ホッとしました。

ちなみに、大輔&姫の運賃、パリーリヤドで12万円ぐらい。ひとり6万円。
クレートも自前で、機内食も出ないし、映画も見れないのにねぇ。
でも、エアーフランスを選んだのはわんこに優しいだろうと思ったからです。
お陰様で無事にリヤドに着きました。

色々あったパリでの4年間ですが、お付き合いいただき、ありがとうございました。
引き続き、砂漠の柴カフェをよろしくお願いします!

パリ、最後の日 その2

その1は8月29日の記事です。

さて、やっと森に着いた大輔と姫、色々な場所に「さよなら」を言って回りました。

「たくちゃんシーさせてくれた草むら、バイバイ~」(姫)

hime


柔らかくて美味しい草がたくさん生えていた“溝”のほとりにさよなら~。

tranchee


今日が最後だからって、そんなに奥に入るのはやめて~!
ダニがついたら大変です。

bois


たくさん「さよなら」言ったから、もうそろそろ帰ろうか?

daisuke


ところが、これで平和に終わると思ったのが間違いでした。
帰り道、ここで事件は起こったのでした。

barriere


つづく

パリ、最後の日 その1

パリで最後の散歩、長いので3回に分けてお届けします。
2時間後には空港に向けて出発します。

こんな狭いエレベーターに乗るのも最後だよ~。
名残惜しくない?ないよねぇ~(笑)

ascenseur


アパートの前の道。狭くて、わんこが多いので、いつも汚くて。
ここもあんまり名残惜しくありません。

last walk in Paris


Avenue Foch。凱旋門から伸びている大きな通りのひとつです。
両側が土と芝生の道で、わんこに優しいことこの上ない場所でした。
姫はここにあるベンチに座って、道行く人達や車を見るのが大好きでした。
ふたりとも「さようなら」の代わりにたくさんクンクンしておこうね。
ここの匂い、覚えておいてくれるかな?

av Foch


大ちゃん、行きたくないなんて言わないの!
最後なんだから。何が何でも森まで行きますよ~。

dai


森へ行く道順は4通りぐらいあるのですが、最後の日は大学の横を通って行きました。

univ


やっと森に到着~。

bois


つづく。

近所のエライわんこ

遠くにいるわんこ、散歩の時によく会った子です。
ほとんどいつもオフリードで、時にはひとりで散歩していることもありました。

飼い主はスペイン系のおじちゃんで、「市の職員が巡回しているから気をつけな~。ビニール袋持ってないと罰金取られるぞ~。」などと、とびっきり深刻な顔をして警告してくれたりしました。

「あたしはいつもビニール袋は持ってますよぉ。そちらこそ、たまにはちゃんとウンを回収していきなさいよね~」と心の中で思いながら、口ではメルシーと言ってました(^^;

smart dog


あ、話題がおじちゃんのことにそれてしまいましたが、このわんこすごいのです。
ひとりでお散歩した後、道を渡って家に帰らないといけないのですが、その時に、車が来ないか、左右を確認して渡るのです。
その姿を目撃してびっくりしてしまいました。
これぐらいお利口な子だったら、ひとり歩きさせても安心かも。
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。