スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルド

パスポートの期限が切れていたので、日本大使館まで申請に行って来ました。ところが、写真に顔が大きく写りすぎていて、頭の上のほうが切れているので受け付けられませんと言われてしまいました。新しいサイズになって、顔が大きいほうが良いんじゃないのでしょうか。6ユーロ返せ~。

仕方がないので、もう一回写真を写してもらいに近所の写真屋へ行きました。頭の天辺から顔がぜ~んぶ入るようにしてくださいね~と念を押したら、写真屋の人が真剣になり、ネックレスもはずして、髪の毛も束ねて、前髪が前にかからないように払って、笑わないで真剣な顔して~と矢継ぎ早の注文。前の人は全然そんなこと言わなかったのに~と思いながら言われるようにしたら、出来た写真は最悪~。まるで指名手配の写真のようです。あ~あ、この写真の載ったパスポートで10年かぁ。ため息。

気をとりなおして、その後、ソルド1日目行ってきました~。お天気も快晴~。え?ソルドと天気が関係あるのかって?ショッピングってスポーツです(きっぱり)。

スポンサーサイト

emiさんとランチ

パリに引っ越してきて、カルチャーショック気味の時にとても力づけられたブログがあります。パリでオーガニックのパン屋さんモアザンのパティシエをしていらっしゃるemiさんのブログです。最初は読み逃げしていました。しばらくしてコメントを残し、近頃ではメールも送らせていただいてます。で、ついに実際にお会いしました~♪

emiさんは深夜勤務なので、大輔と姫にも会っていただきたいと、仕事の後の朝10時頃(!)にウチに来ていただきました。

これ、お土産のパンとお菓子です。おいしそうでしょう~。
emisansweets.jpg

大輔も姫も、鼻をくんくんさせながらemiさんの後をついて回っていました。emiさんから漂ってくるバターと甘いお菓子の香りのせいかも。私にはわかりませんでしたが、ふたりにはちゃんと匂うのでしょうね。姫は私達が話をしている間、emiさんの足元にべったりくっついていました。

その後、emiさんが前に行って感じが良かったという7区のフレンチ・レストランへお昼に出かけました。メニューを見て散々迷った結果、お昼の定食にすることに。前菜はemiさんがポワロのミモザサラダで私のがマッシュルームのリゾット。私のはクリーム味でした。もうちょっとマッシュルームの味が濃くてもよかったかも(きのこ大好きなもので...)。
emisanLunch3.jpgemisanLunch2.jpg
メインはemiさんのが七面鳥のゴルゴンゾーラソースで私のが白身魚のオマールソース、人参のピューレ添えでした。emiさんの七面鳥の横に添えられていたのは何だったのかな?聞くのを忘れました。一口いただきましたが、ゴルゴンゾーラ入りのソースなので、とてもしっかりした味でした。私のは魚自体は淡白なのでオマールソースの香りで食べる感じでした。
emisanLunch.jpgemisanLunch4.jpg

デザートはふたりとも焼きリンゴにしました。
emisanLunch5.jpg

専門家のemiさんによると、食後のデザートって本来は粉が入ってないものなのだそうです。食事でお腹がいっぱいになっているので、その後に重いものを食べないということなのですね。ケーキやパイなどはダメです。アイスクリーム、シャーベット、ムース類が正解。でも、フランス人は食事の後にチーズ食べるのですが~。あれは重くないのでしょうか?食いしん坊の柴友達、き○き○さんによると、チーズを食べるとお腹が落ち着くそうなのですが、本当かどうかは意見が分かれるところですよね~(笑)?

とても感じのいいレストランで、散々おしゃべりして、満足~♪emiさんは休暇で日本に帰られるのですが、パリに戻られたらまたランチ行きましょう~!

ブログのカテゴリー、“お出かけ”か“おいしいもの”か“レストラン”かで悩みましたが、レストランにしておくことにします。

Le Florimond
19 av de la Motte-Picquet 75007

タイ料理

辛いタイ料理が食べたいよぉ~と泣きつき(?)、次の日にはコートダジュールに出発する柴友達のきらきらさんに、一緒に夕食を付き合っていただきました。持つべきものはお友達~♪

パリのインド料理は辛くないので、タイ料理もそうかな~と思ったら、これがなかなか本格的な味でした。グリーンカレーが辛くておいしい!中身のお肉の選択が牛か鶏か鴨かと“鴨”が入っているのがフランス風です。周りを見渡すとタイ料理でもワインを飲んでいる人たちがほとんどでした。私たちもミュスカデを注文。意外にもタイ料理にも合いました。話に夢中になって写真を撮るのをデザートまですっかり忘れていました。
thaisweets.jpg
デザートの盛り合わせです。

Paradis Thai
132, rue de Tolbiac 75013

連続でパーティ

パーティが2日続けてあったので、今日はちょっと疲れ気味です。滅多に履かないハイヒールが疲れを倍増しているのかも。再びカメラを持っていくのを忘れたので、携帯写真。画像が悪いので小さめです。

1日目は関係者の間で、数あるパーティの中でも最高と噂されていたので楽しみにしていたものです。場所良し、お食事良し、雰囲気良しで、申し分ないパーティでした。某大使官邸なのですが、バラが満開のお庭には噴水までありました。


2日目のは昨日で、会場はオーストラリア大使館でした。この日に一般に公開された新しい美術館、Musee du Quay Branlyのオープン記念パーティでした。この美術館にはアフリカ、アジア、オセアニア、アメリカ大陸の芸術が展示されています。

フランスでは歴代大統領が文化や芸術施設を建設するのが慣例となっているようで、ポンピドー大統領のポンピドー・センターやミッテラン大統領の国立図書館や新オペラ座などがあります。フランスの大統領は文化事業に力を入れて、さすがだという意見もあるようですが、個人的な意見としては、国は文化事業にお金を出すべきですが、政治家はその前にきちんと政治をやってからにして欲しいと思います。

ともあれ、新しい美術館はかなり見ごたえがあるようです。当分はきっと入場するのに長蛇の列でしょう。冬になって観光客が少なくなった頃に行ってみようと思っています。

パーティではアボリジニの人達がダンスや歌を披露してくれました。今はアボリジニダンスの学校もあるそうです。外ではユーカリの葉を燃やしていて、あたりには煙がモクモクしていました。
australian.jpg australian2.jpg

絵画もたくさん展示されていました。素朴で力強くて、気持ちが静まるような気がしました。美術館へ行かれる際にはオーストラリア館にぜひ行ってみてください!

お茶の会

学校の他に週に1時間半だけ会話のレッスンに行っています。真剣な授業ではなくて、フランス語を習いつつ、実は社交が目的な集まりです。今期は今日で終わりなので、恒例の先生の家でお茶の会がありました。

10時からだったので、まさか~と思っていたのですが、なんの、なんの、フランス人を甘く見てはいけません~(笑)。ちゃんと最初はシャンペンが出ました。朝からいい心地~。お茶のお供はタルトが3種類にミニクロワッサン他のビノワズリでした。前回は会話がさっぱりわからなかったのですが、今回は前回同様ほとんどしゃべれはしないものの、会話の内容がわかったので、少しは進歩しているようです。

カメラを持っていったのに写真を撮ってくるのを忘れたので、またもや大輔くん登場です。

大ちゃん、外に何が見えるのかな~?

区役所前

犬と歩けば棒にあたる...あれ?ちょっと違いますねぇ。あはは~。朝の散歩で素敵なものを見つけました。ウチのアパートの近くに地区の市役所があります。こちらは結婚式は市役所でする人達が多いらしいのですが、今朝も朝早くから式があったようです。私達が通った時は式を挙げたカップルも関係者もいなくなっていましたが。道路に花びらが残っていました。幸せのおすそ分けをしてもらった気がして、ハッピーな気分になりました。


リヴォリ通りのカフェ

念願だったシャンゼリゼのカフェに大輔&姫と行ってみて、わんこと行って楽しいところではないという結論。残念~。でも、その前に行って気に入ったのがここのカフェです。リヴォリ通り、コンコルド広場の近く、チュイルリー公園の向かいです。このあたりはお土産屋さんが多い通りですが、シャンゼリゼほど混雑していません。
しかもテーブルや椅子と車道の間に少し空間があって、大輔と姫がくつろげるのが大変気に入りました。

それにしても大輔と姫はやっぱり迷惑そうな顔をしていますねぇ。

シャンゼリゼでカフェ

いきなり暑くなったパリ、道行く人々も分厚いコート姿からあっという間にタンクトップに早変わりです。30℃以上あります。今週ずっと暑いらしいです。

木曜日から3日間カナダの友達が遊びに来ていました。北欧諸国を旅してセント・ピーターズバーグまで行き、帰り道に寄ってくれました。土曜日にその友達の観光とお土産を物色するついでに、念願の“大輔&姫とシャンゼリゼでカフェ”をしてきました。5時ごろ家を出たのですが、まだまだ暑く、大輔と姫にはありがた迷惑だったようです。

champsElyse_cafe2.jpg

カフェのウェイターさんにわんこにもお水下さいとお願いしたら大きな容器に入れて持ってきてくれました。

大輔はカフェにたどりつく前に歩くのを嫌がっていたのですが、帰り道ではついに姫まで歩くの嫌~と言い出す始末。ダンナにしばらく抱えられていました。途中で寄った冷房完備のワインショップでふたりとも涼んでいました。

パリは石の街なので、温まった石が放熱するため、午後遅くに暑さが増すのだそうです。今日の午後の散歩、かなり遅くに行ったほうがよさそうです。

ガーデンパーティ

木曜日に某国大使官邸でのガーデンパーティに行って来ました。カメラが大きめなのでパーティバッグに入らず、携帯写真なので様子がよくわかりませんが、広い庭は花壇と芝生です。ローンテニスコートも横にあるそうです。


バラの季節

ご自宅の庭に無農薬でたくさんのバラをきれいに咲かせていらっしゃる愛ちゃんママさんにパリの公園のバラもきれいでしょうね~と言っていただいて、ハタッと気がつきました。そうだ、パリもバラの季節だぁ~。

で、公園に急ぎました...満開でした。

嫌がる大輔と記念撮影。男の子なのにバラなんてヤダよぉ~って?いいじゃないの大ちゃん~、と無理矢理こっちを向いてもらいました。後ろに見えている建物はレストランらしいのですが、未確認情報です(笑)
大輔とバラ

姫はバラと写真を撮られるの、嫌じゃなかったようです。ちゃんとポーズをつけてくれました。


姫とバラ

あちらこちらに、バラ、バラ、バラ~。今の季節のパリはバラ好きには見逃せませんね。


rose1.jpg rose2.jpg

左の写真のバラの奥にある巨大な葉は一体何でしょうか?
rose3.jpg rose4.jpg

F1カー

ダンナに風邪をうつしてしまったようで、しかも、ダンナは風邪菌がお腹に入ってしまったようで、昨日はトイレに何回も駆け込んでました。そういう時に限って、週末はポカポカと晴れてます。悔しいので、今日は少し元気になったダンナといつも元気な大輔&姫とシャンゼリゼに散歩に行きました。

すると道の向こうにテントが出ていて、人だかりがしています。何だろ~?
f1.jpg


どうやらフランスのF1の宣伝で、車がたくさん展示されているようです。大輔&姫連れですが、行って見ました。
f1_2.jpgf1_3.jpg


古いのから、新しいのまで色々な車がずら~と並んでいました。
f1_4.jpg


熱心に写真を撮っている人がたくさん。時々その中の車のエンジンをかけていました。迫力あるエンジンの音に、ダンナがにまぁ~。

こういうのも昔はレースにでていたのでしょうか?
f1_5.jpg

詐欺!

ルーアンで過ごした3日間がずっと雨模様で、古い歩きやすい靴を履いていったら水漏れし、濡れた足でずっといたのがいけなかったらしく、風邪をひいてしまいました。喉がイガイガで鼻づまり。そんな状態でも昨日は前々からダンナのオフィスの人達を何人か夕食に招いていたので、買い物に出かけ、夕食を用意し、夜の12時過ぎまで付き合いました。こういう時には夫婦参加型の欧米のお付き合いって大変です。明日も、今度はダンナの仕事関係の夕食に呼ばれています。日本は今でも職場の付き合いはダンナさんならダンナさんだけ、奥さんも奥さんだけで、夫婦が揃ってというのはないのでしょうか?こういう時は日本風の仕事上の付き合いのほうが望ましいぞぉ~と思います。調子の良いときは欧米型のほうが個人的には好きですけれど...え?単なるワガママ?

さて本題ですが、先日クラスメイトのAさんから携帯にテキストメッセージが入ってきました。“Sagi ga kita(サギがきた)"こっちの携帯ですから横文字しか送れません。サギってなんのことかピンと来なくて、鷺って、はて?と思いながらAさんに電話すると、そんな悠長なことを考えている場合ではなくて、「詐欺」でした。

「各アパートのヒーターの掃除をすることになってます」と男の人がやって来たので、建物各戸がするのかと作業をしてもらったところ、それほどきれいになった様子もなく、しかも100ユーロ要求されたそうです。現金がなかったし、おかしいと思ったAさん、大家さんに電話をしました。大家さんと押し問答したその詐欺犯、段々態度が高圧的になり、テーブルを叩いたりしていたそうです。「詐欺だから、警察を呼ぶからね」と大家さんに言われたAさん(ここの部分は日本語だったので、詐欺犯にはわからず)、怖いけれども、しっかりと詐欺犯と押し問答し、「警察がきますから」と言うと、詐欺犯の態度がころっと変わって、「あ、それじゃあ、帰りますから、ボンジョルネー。」と帰っていったそうです。警察はその後すぐに来てくれたそうですが、逃げられた後でした。

で、今日のことです。ピンポ~ンとチャイムが鳴り、覗き穴から覗いてみると、知らない人が表にたっていたのですが、アマゾンでカナダから注文した本がいつ届くかと待っていたので、配達かもしれないとドアを開けると、「このアパートの建物でヒーターの掃除をしています。法律できめられてます。」

え、これって、あの

詐欺

!へえ~、これが噂の詐欺かぁ~と思わずまじまじ見てしまいました。要求はもちろんお断りしました。

ダンナの同僚のお父さんはたまたま同僚の所に遊びに来ていて、同じ詐欺に会い、150ユーロ騙し取られたそうです。

パリ在住の方々、くれぐれもご用心くださいませ。

写真は本文とは何の関係もないオルセー美術館の建物です。
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。