スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗な人に弱いのです

今日も暑くて、ヘロヘロになってます。
暑さに免疫がないので、ちょっと暑いともうダメです。

でも、実は今日はダンナの仕事関係でランチのお招きでした。
レストランはLa Table de Robuchon。言わずと知れた有名店です。
このレストラン、近所にあるのですが、1回も行ったことがなかったのです。
ダンナは仕事のランチで何回か行ったことがあるので、「パリを離れる前に必ず1回は連れて行け~」と脅していたところでした。
金と黒の内装で、サービスも満点でした。
料理はかなり期待して行ったので、これぐらい美味しくて当然でしょうという感じ。
ちなみに、突き出しはランゴスティンとカリフラワーのムース、私のアントレはまぐろのタルタルとクリーミーな冷たいスープ、メインが地鶏のアーティチョーク添え赤ピーマンのソースでした。
ビジネスランチだったので、写真が撮れなくて残念でした。

話題はがらっと変ります。
夏休みのプロジェクトとして、写真の整理をしています。
色々な写真が出てきて、あら~、ま~、とかやっているうちに時間がたつので、はかどらないことおびただしいのですが、面白い写真を見つけました。

ウチの大輔くん、きれいな女の子が大~好きです。
散歩中に美人を見つけると、立ち止まってじ~っと見つめたりします。
おまけに、知らない人に触られるのは嫌いなはずなのに、美人には触らせます。

さて、これは2年前の写真です。
オーストラリアから知り合いの女の子とその友達ふたりが来て、何日か泊まっていました。
これはその3人がドレスアップして外出する前の写真です。

beauties



そして、それを見ている大輔です。


大ちゃん、そのスケベそ~な目つきとよだれが垂れそうな口元、何とかしてちょうだいな~!

beast
スポンサーサイト

暑かったです

日本は猛暑だそうですが、こちらも昨日は珍しくかなり暑くなりました。

大輔は朝も夕方も木陰を歩いて、用事をさっさとすませて帰ろうとします。
「姫の用事もぜ~んぶすむまで待ってて~」と説得しました。
姫も早く用事をすませてくれたので、帰ろうとすると、とても不満そう。
ごめんね、姫~。
大輔の心臓に雑音があるというのを聞いてから、なるべく身体に負担をかけたくないのです。大輔自身はただのワガママで行動しているのかもしれませんが、用心するのに越したことはないですからね。

夜もなかなか涼しくなりません。
大ちゃん、だれ気味。

hetare


かぱぁ~っと開いていると涼しいのかも。

hot!


「あれ、見られた?」
見られているのに気がついても動く気配ナシでした。

what?

のどかな日曜日

ツール・ド・フランスがやっとゴールしましたね~。
シャンゼリゼに見に行こうかと言っていたのですが、ダンナが二日酔い いえ、具合が悪かったので(笑)、テレビで見てました。延々の自転車レース、見るほうも根気がいります。家にいたのは正解だったかも。

大輔&姫ものんびりとした日曜日でした。
ベランダの窓を開けろよ~と要求して、開けた窓に寄りかかって昼寝しているのは大輔です。
パリは蚊がほとんどいないので、網戸はありません。
たまに大きなハエが入ってくるぐらいです。
蚊の存在を忘れかかっていたら、この前のトスカーナの旅行で散々刺されました。トホホホ。

dai


パリではフィラリアの予防薬も必要ありません。最初の予定では大輔&姫もトスカーナに行くはずだったのですが、あんなに蚊が多いのでは、連れて行かなくてよかったです。
ね、大ちゃん♪

are you sleeping?


姫はその後ろで、クマのぬいぐるみを枕にしています。こちらのほうが窓よりも寝心地がよさそうです。

are you sleeping, too?


昨日はこの夏でパリを離れる友人を夕食に招待しました。
夏は転勤の時期なので、何人かの友人がすでに帰国してしまっています。
転勤族のサダメとは言え、寂しいなぁ~。
でも、私達のパリ滞在も残すところ1年です。
悔いのないように、したかったことは全部して、行きたかったところは全部行っておかないと~。
忙しい1年になりそうです。

hime

姫のマイブーム

あら、姫ちゃん、ベンチの横に立って何しているの?

実は、これ、姫の最近のマイブームなのです。
昨日、図解したアベニュー・フォッシュの土の歩道部分には、ところどころにベンチがあります。
それが姫の最近のお気に入りです。

ici!


「ここに寄って行きましょうよぉ~」と言って、OKが出ると、ひらっとベンチに飛び乗ります。
「あ~、良い気持ち!」

hime


このまましばらく快い風に吹かれて、道行く人や車を眺めるのが日課。
え?写真ばっかり撮ってないで、隣に座れって?

hime encore une fois


ハイハイ。
じゃあ、大ちゃんを抱っこしなきゃ。
大輔はベンチが嫌いなので、いつも膝の上です。

dai


大輔自身は土の上にごろんとしてても良いらしいのですが、土まみれ、埃まみれになるのでダメ!
こうして大輔を膝に、姫を横に置いて、しばらくぼよよ~んとしています。

しばらくすると、

1) お散歩中の他のわんこが近づいて来て、姫がベンチの上から吠え掛かる
2) 大輔を抱っこしている私の手が痺れてくる

のどちらかでベンチ休憩はおしまいになります。
「え~、もう行くの?あたち、もっとここに居たい!」

...姫ちゃんが人間だったら、かなりのカフェ好きな女の子です。
「ね~、ね~、お茶していこうよぉ~」なんてね。

je ne vais pas partir!


姫の良い所は、「ここに寄っていこうよ~」と言っても、ダメと言われるとすぐにあきらめること。
そして、もう帰りますよ~と言われると、ちゃんとすぐに立ち上がってくれること。
素直な良い子なのです。

でも、「ここに寄っていこうよ~」を1回の散歩に3回も4回もしてくれます。
よっぽど好きなんですね。

もし、avenue Fochでこんなことをしているひとりと2頭を見かけたら、声をかけて下さいね!

産地直送レタスはいずこ

日本は猛暑のようですね。皆様、夏バテにはお気をつけください!

パリは今のところは25,6℃で、昼間は暑いですが、朝晩は涼しくなるという理想的な夏です。
月曜日には気温が上がって33度までになるそうです。
冷房がないので、そういうのが続かないと良いのですが...

大輔&姫の散歩は朝は涼しいので快適ですが、夕方は6時半頃でもまだ暑くて(といっても日陰にはいるとすっと汗がひきます)、短めになっています。

大輔&姫の散歩道のひとつにアベニュー・フォッシュという道があります。凱旋門から伸びている長い広い道です。この道は下図のように、歩道が埃っぽい土、その横が芝生というわんこに優しい通りです。

foch


この近所に住んでいなかった時、この通りでダンナと待ち合わせ、時間に遅れそうだったので、凱旋門から土の道をハイヒールで走ったという苦い経験があります。その時は、パリ市は何を考えて、こんな道を作ったんだろうと思いました。実は、芝生の向こうにまた細い車道、その向こうに細い舗装された歩道もあります。

芝生部分には「わんこ立ち入り禁止」のマークがついている所もあるのですが、住民がそれを気にしているのを見たことがありません。実情はわんこ立ち入りし放題です。大輔&姫も、パリジャン、パリジェンヌですから、慣習に従ってます(ハハハ...)

4月ごろ、この青々とした芝生の真ん中に異変が起こりました。
芝生が枯れて、土が掘り起こされているのです。
「何だろ?除草剤のまきすぎ?」と、とりあえず、大輔&姫はその部分には近づけないようにしていました。

その後、

フェンスが張り巡らされて、なにやらタネがまかれている様子。
係りの人が熱心に水遣りをしています。

食糧難が取りざたされている昨今、パリ市も野菜の自給に乗り出したのかも!
緑の葉っぱが出てくるにつれて、産地直送レタスを食べられる日を心待ちにしていました(???)

で、最近の旅行から帰ってきて、わくわくと散歩に出かけると、



あたしのレタスが!


what's this?


これになってました。

wild flowers


ショックを隠し切れません。
が、最近は気を取り直して、野の花々を愛でています。

花畑がせっかくあるんですから、大輔&姫と記念撮影もしなければ。
姫が早速、ロケ地を物色してくれています。

hime


「この辺が気に入ったわ~」と姫ちゃん、ゆったりと寝そべってくれました。
モデルわんこになれるかな~♪

hime


姫はよっぽどここが気に入ったらしく、この後しばらく動いてくれませんでした。
さて、私達が写真ロケを遂行している間、大輔は...

「花なんて食べられないもん!写真撮影?そんなのボクには関係ないね!」と花のほうに近寄るのを断固拒否。芝生の端で座り込み状態でした。花と撮影しようと思うと、いつもこうです。花コンプレックスでもあるのかしらねぇ。

i'm nothing to do with that!

パリでイタリアン!

久し振りにパリのレストランの話題です。
ここ、何と、イタリアレストランです。
「パリのイタリア料理は美味しくない!」「パスタは常に柔らかすぎ!」の悪評を覆す事ができるのでしょうか?シェフがシチリア出身だそうなので、期待が持てるかも。

「トスカーナ帰りで、ちょっとイタリア料理にはうるさいのよねぇ」の雰囲気をまとったあたし(ホントか?)とemiさんとで行ってきました。

emiさんとあくびちゃん、ふたりともが前から気になっていたレストランなのだそうです。
出産したばかりのあくびちゃんには悪いのですが、ふたりで事前偵察に行ってくるからね~♪

実は最近バカンス呆けで、色々と失敗を重ねているのですが、この日も駅まで行って財布を忘れてきた事に気がつきました(泣)
急いで家に引き返して、待ち合わせに遅れていきました。
emiさん、またしても、ごめんねぇ~!

さて、気を取り直して、ドアをギギギィ~っと開けて...じゃなくてドアはすでに開いていました、開店時間の12時ジャストに入店。お昼時間は1時が標準なので、この時間だとレストランに予約していなくても大丈夫な場合が多いのです。ここも後から満席になっていました。 どうしても行きたい場合は予約した方が無難かも。

geppetto


メニューをにらんで、散々迷った結果、

アントレはemiさんがハムの盛り合わせとチーズのフライ。
どのハムも美味しかったのですが、特に牛のハムっていうのが美味でした。
emiさん曰く、スーパーで買えるそうなので、今度買ってみようっと。

etnre


私のはタコのカルパッチョとアニスとルッコラのサラダ。タコがあまりにも薄く切ってあるので、味が薄すぎの気がしました。もうちょっとタコ味がしたほうが私好みですが、サラダとしてはこんな感じでいいのかな。爽やかサラダです。

etnre


さて、ドキドキのメインです。

emiさんのは↑のサイトでもお勧めの子牛肉の薄切り肉巻き。

main


私のはイカ墨パスタ、エビとズッキーニ入りです。
なんとパスタがアルデンテ!!!

main


私のパスタはかなり濃厚な味で、オリーブオイルもたっぷり使ってあって、美味しかったのですが途中でギブアップ。
emiさんのは味見させてもらったのですが、パスタに圧倒されていたので、チーズと肉と濃厚ソースのバランスがいいな~と思ったものの、大した感想は持てなかったのでした。
無理すればデザートも入るかな~と思ったのですが、今回は理性が勝ちました。
実は、夕食時になっても満腹感が持続。デザート食べなくて正解でした。

前菜とメインかメインとデザートのチョイスでワインがグラス一杯ついた本格的なイタリアン、19ユーロはお得!

Geppetto
69, rue Saint Charles 75015
tel:01 45 75 84 15

ボクのクッキー

これ、ボクのクッキーなの。

cookie!


今は食べたくないけど、誰にも取られたくないの。
だから、こうして見張ってるんだ。

this is mine!


でも、何だか眠くなってきちゃった...

...and i'm sleepy...

大姫の不思議な行動

私の自慢の大輔の巻き尾、今日はだらりと下がっています。
滅多にこういうことってないのです。
シャンプーしている時とか、嫌いな音がした時とか...今日は一体どうしたんでしょう?
大ちゃん、大丈夫?

your tail is down!


な~んてね。ご心配なく。
久し振りに貰ったラムの骨を齧るのに忙しいだけです。
いつも尻尾を巻いておくのに、注意を払っていないといけないってことはないと思うのですが、こんな風に何かに集中しているとほどけます。巻き尾の仕組みってどうなっているのか、不思議です。
尻尾が解けるほどに骨を気に入ってもらえてよかったわ~。

ちなみに、絨毯の上に骨を置くのはよくないだろ~とダンナがフローリングの上に持っていったのですが、大輔が、絨毯の上がいいんだよ~と再び持ち帰ってしまいました。
それほど肉もついてない骨で、比較的きれいだったので、今回は許しましょ~♪

concentrating?


さて、姫ですが、骨も要らない、それどころか、ご飯も食べたくないほど憂鬱です。

what's wrong?


日曜日に夕食にお客様を呼んだのですが、それが気に入らず、今日まで引きずってます。
リビングに掃除機をかけたり、夕食の支度をしたりしていたら、その様子で来客があるのを察知してしまいました。そして、「うぉぉぉ~ん!(翻訳:あたち、お客様は嫌いなんだから!呼ばないでよ!)」と泣いて抗議。
そんなこと言われても、ご招待しちゃったし~。
お客様が来る5分前には、全身震えだしちゃいました。
で、翌日も食欲がまるでナシ。

それどころか、翌々日の今日も、私がキッチンにいると抗議しにやってきます。
「ママがキッチンにいると、お客様がやってくるから、やめてくだちゃい!」

don't be in the kitchen!


お客様なんて来ませんよ~。
「来るもん。キッチンにいないでったら~!」

please!


...困った姫ちゃんです。
この見当違いのトラウマはいつまで続くのでしょうか...
実は今度の土曜日もお客様なのです。
シーッ!姫には内緒です!

お気楽柴生活の手引き

私達が旅行中、友達夫婦が大輔&姫の世話をしてくれました。
留守中のエピソード、色々あったようです。

その1) 姫が自分のフードを守ろうとして、近くを歩いていた友達の足を噛んでしまいました。
私にはしたことがないのですが、他の人に対してはたまにあるのです。
大抵はちょっと噛む振りをするだけなのですが、今回は出血するようなことはなかったのですが、打ち身状態になってしまったそうです。ホントに困った姫です。

その2) 私達の留守中は普段はフードを残さない姫の食欲が落ち、普段はあまり食べない大輔はフードを完食するようになります。
この辺の心理についてはわんこ心理の専門家に聞いてみたいと常々思っているのですが、ともあれ、姫がフードを食べないと、大輔は姫のフードもボクのものぉ~!とヒンヒン言って主張します。
姫はよけいに落ち着いてフードを食べれません。
そこで、友達が一計を案じ、ひとりが大輔の気をそらしている間に、もうひとりが姫のフードボールを大輔から見えないう~んと離れたところに持って行って、姫が落ち着いて食べられるようにしました。
姫は感謝して、食べたでしょうか?

そう思ったあなたは、まだ柴歴が浅い!

なんと姫ちゃん、フードボールを思いっきり鼻でつついてひっくり返してしまったそうです。
「こんなところで、食べられないわん!」ということでしょうか。
食欲が増すようにとフードに鴨の脂をかけてくれていた友達、廊下に散らばったベトベトしたフードをかき集める羽目になったそうです。
マコトにすみませんのぉ~。

という様子で、留守中もやりたい放題だったうちの子達、相変わらずお気楽柴生活を送ってます~♪

dai & hime

すっかり元通り

おかげさまで大輔&姫はお留守番のショックからすっかり立ち直りました。
わんこって気持ちの切り替えが人間よりも上手だったりして。

姫の食欲もほぼ元通りになり、大輔もストーカー状態から元のお気楽状態に戻って、自分が構ってもらいたい時だけ私にまとわりつくように。
ストーカー状態もイヤじゃなかったのになぁ~。ちょっと残念。

「ショックって何のこと?ボク達、いつも冷静でカッコイイ柴だもん。お留守番ぐらいでめげないんだよ。そんなこといいから、おやつちょうだい!」

ああ、そうですか。ハイハイ。

4つの丸い目が発する“ちょうだいビーム”には、とても抵抗できません。

dai&hime


おやつを貰って満足すると、この通り。

daisuke


姫は寝ながら微笑んでいるようです。モナリザの微笑みより可愛いぞ~!

hime


ソファーの上と下で寝ているのです。
どういう状態でも、お互いが近くにいると安心するらしいです。
ソファーの上のブルーのタオルは一応毛がつくのを防ぐ為に敷いてあるのですが、大輔が寝ても、姫が寝ても常にくしゃっとなっていて、役目を果たしていません。トホホ。

sleeping together?

ただいまぁ

無事に帰宅しました。
午後のラッシュを避けるために、黒い森のホテルを10時ごろ出て、何回かの休憩は取ったものの、寄り道ナシで帰ってきました。
大輔&姫と感激の再会~♪
その後、特に大輔の毛がたくさん浮き上がってきているので、早速ブラッシングをしました。
2週間分、爪も伸びているので、爪切りもしなきゃ~。

姫ちゃん、大ちゃんはどこに行っちゃったの?
爪切りはお兄ちゃんの大ちゃんからって決まっているのよね~。

hime

え?大ちゃん、あっち?

look!


姫が見ている方を見ると、ベランダで大輔が拗ねていました。
「ず~っとお留守番してて、やっと会えたと思ったら、ブラッシングされて、今度は爪切りだなんて、ひどいよ!」ということらしいです。
大ちゃんの言い分も、もっともですが、でも、爪が伸びすぎなので、切らなきゃ~。

daisuke


上から見た大輔です。かなり拗ねてます。そんな様子も可愛かったりします♪

what are you doing?


この後、爪切りはもちろん、歯磨きまでされました。
ご褒美をもらって何とかご機嫌を直してくれました。

今朝は出勤しようとしているダンナの前に姫が座って、「また、あたちを置いてどっかいっちゃうの?」と責めるような目つきでジィィ~ッと見つめていました。
食欲もあまりありません。

大輔は1日私のストーカー状態です。
ふたりとも早く普通のお気楽わんこ状態に戻ってくれるといいのですが...

ドイツにいます

florence


麗しのフィレンツェを後にして、ドイツ・オーストリアに近いトレントの近くに泊まり、オーストリアを通り抜けて、ミュンヘンの南でもう一泊しました。

トレントからミュンヘンの南までドライブした日は1日中雨で、ダンナが楽しみにしていたドイツのスピード無制限道路、オートバーンをぶっ飛ばす計画の実現が危ぶまれましたが、今日は朝から晴天♪
ミュンヘンの南からニュールンベルグの近くを通り、可愛い町々を観光した後、黒い森の北のあたりにいます。

オートバーンのドライブは、工事などの理由で速度制限があるところもあり、車の数が多すぎて、それほど飛ばせない区間もありで、思ったよりもゆっくりでした。
少しの間、200km/hで走っていたこともあったのですが、平均速度は130km/hぐらい。
びっくりしたのは、200km/hで走っている私達の車を、ビュン~と追い抜いていく車が何台かあったこと。一体何km出しているのでしょうねぇ?

明日はパリに帰ります。
大輔&姫に会えるのが嬉しいです!

イタリアってやっぱり美食の国!

スパゲッティ・ポモドーロ、イタリアンレストランでよく見かけるメニューですよね。
この“ポモドーロ”っていうのは“トマト”っていう意味なんだと初めて知りました。
それって、イタリア料理好きの人の常識ですか?
今まで何を考えてメニューを見ていたんでしょうねぇ。

これは近くのスーパーで買ったトマトピューレです。スーパーのオリジナルブランドで、いちばん安いものなのですが、「100%イタリアのトマトを使ってます」と書いてあって、使ってみると驚きの美味しさでした。

tomato


泊まっているところにはキッチンが付いているので、食事の半分ぐらいは材料を買い込んできて料理してます。色々な材料を試すのが楽しい~♪
生パスタなど、どうしてこうも味が違うのかと思うぐらいに、味も歯ごたえも申し分ないです。
それをちょいちょいっと茹でて、パックされたソースにちょっと野菜を足すだけで、レストランの味!


こちらはワイン・サラミ・ハム・チーズ屋さん。

inside


美味しそうな看板につられて、吸い寄せられるように中へ。
右側の戸棚、プロシュートやサラミが麗々しくぎっしりと飾られてます。
買い占めたいよぉ。

shop


キャンティ地方にいるので、当然ワインもキャンティ、キャンティ・クラシコ、キャンティ・レゼルバなど、色々と飲み比べています♪
イタリアワインは、料理を食べながら飲むものなのだというのがいちばんの発見でした。
ワインの試飲をさせてもらう際には、必ずといって良いほど、ハムやらチーズやらのちょっとした食べ物がでてきます。
食べ物を食べながら飲むキャンティは、それだけで飲む時よりも数段いい味がするのです。

トスカーナにて

トスカーナにいます。

この地方にはアグリ・ツーリズモと呼ばれる宿泊施設がたくさんあります。
農場の建物の一部をアパートに改造して旅行者に貸してくれます。
宿泊は1週間単位です。
フィレンツェから車で30分ぐらいのブドウ畑とオリーブ畑に囲まれたアパートを借りました。
tuscany


日中は30℃以上になって、日差しが強いのですが、丘を吹き渡る風が爽やかです。
観光以外に楽しみは、何と言ってもイタリア料理♪
素材の旨みをいかした料理は、フランス料理よりも美味しいかも。
太陽をたくさん浴びて育ったイタリアワインと一緒にいただきま~す。

今日はシエナに行ってきました。

siena


中世の町並みがそのまま残っていて、その中心にある教会(ドォーモ)はクラクラしてしまうぐらい壮麗でした。
暑いので、観光よりもジェラートに走ってしまいがちだったのが玉に瑕でした。
トスカーナ観光は春か秋がお勧めです。

大輔と姫の愛称

わんこの飼い主さんは、愛犬の名前を色々な風に変えて呼んでいることが多いようです。
愛称みたいなものでしょうか。
私もその例にもれず、大輔は、大ちゃん、輔くん、ちゅけちゅけ、くんくん、など。
はじめの字さえ違う呼び方をしてますが、大輔はどの呼び方でもちゃんとわかってくれます。

姫は、姫ちゃん、ヒメヒメ、ピメピメ、ピピちゃん...

さて、愛称とは何の関係もないですが、ピメピメの3コマ芸です。

ふは、

hime


ふはぁ~、

aaah


ふはははははぁぁぁぁぁ~~~!

waf


---------------------------------
今日の記事、予約投稿してます。
今頃は私達、プロバンスのフランスのグランドキャニオンと呼ばれている、ベルダン峡谷にいるはずです。

朝寝は身体にいい?

大輔くん、私達が起きた後にベッドでひとり熟睡中です。
へそ天で寝ているところを見つけると、つい写真を撮ってしまいます。
無防備で、ホントにリラックスしているだな~って、嬉しくなってしまいます。
へそ天で寝るのは大輔だけで、姫はしません。

ちょっと画像が暗めですが、大輔&姫の写真を撮る時に、フラッシュは使いません。
目に悪いそうなので。
人間に対してよりも、ず~っと気を使っているかも(笑)

dai


朝食を食べて、もう1回大輔の様子を見に行くと、
今度はきちんと枕をして、おやすみでした。

dai using a pillow


今日から再び旅に出ます。
大輔&姫はいつもの友達夫婦とお留守番です。
良い子にしててね~。
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。