スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キシリトール

少し前の話題(9月29日付のロイターの記事です)のようですが、今まで気つきませんでした。もうすでにご存知の方も多いと思いますが、愛犬家には見逃せない話題なので載せておきます。

シュガーレスのお菓子に使われている人工甘味料キシリトールが犬の肝臓障害を引き起こす可能性があって、場合によっては死に至る危険もあると米獣医学協会から警告が出されたそうです。

その報告書によれば、キシリトールを少しでも摂取するとわんこの体の中で大量のインシュリンが放出され、その為に血糖値が下がり、生命の危険が生じるそうです。10キロのわんこが1グラムのキシリトールを食べても治療が必要になるのだそうです。

キシリトール、最近では犬のフードやおやつ、デンタルケアにも使われるようになっていますね。私も今までに大輔&姫に与えたかもしれません。フランスのわんこ用のクッキーは原材料が記載されていないバラ売りもあるし...

大輔&姫用の食事やおやつには人間以上に神経質になってしまいます。やっぱり手作りがいちばん安心でしょうか?

<今日のおまけ>

掃除機と戦う意欲満々の姫です。

Comment

>ゆうかあさん、こんにちは~

きゃぁぁ~、やっぱり入っているのですね、キシリトール。
私も過去に大輔&姫にあげたおやつに入っていたのもあったかも~という気がしています。
ゆうかあさんはちゃんと原材料を把握されていたから、早期発見できて良かったけれど、知らずにあげている飼い主さんも多いですよね。きっと。
手作りがいちばん良いのかもしれませんが、いつも作ってあげる暇がないし...今日も市販のおやつ、買ってきてしまいました~(^^;

シオンさん、こんにちは。
キシリトールの記事読んで「ひゃあああ」と思いました。
最近、1日にひとつ「ナチュラルハーベスト」の「デイリーブライト」をあげていて、これにしっかり「キシリトール」が入っていました!!
即刻ゴミ箱行きですっ!!
知らない人、結構いるのではないでしょうか。日本て、やっぱり犬に関しては後進国だな~と実感しました。
また「これは・・」と思うような記事があったらぜひ紹介してくださいね。

>相方さん、ボンソワール~

ウチのわんこ達は甘やかされて育っているので、決して掃除機で吸ってイタズラされたようなことはありません~。
どうして掃除機を敵視するのでしょうねぇ。掃除機だけじゃなくて、床をクルクルと掃除するようなダスターのようなものにも戦いを挑んじゃいます。
可愛いのですが、掃除のじゃまぁ~。

犬や猫にとって、掃除機は永遠の敵なんですかね。
みんな戦いますよね。

小さいときに掃除機で吸ってイタズラされたの覚えてて敵視してるんですかねぇ。


管理者だけに表示を許可する

Trackback

キシリトールキシリトール (xylitol) は化学式 C5H12O5 で表される、キシロースから化学合成|合成される糖アルコールの一種。天然の代用甘味料として知られ、最初はカバノキから発見されギリシア語 Ξυλον(Xylon、木)から命名された。恐らくフィンランドで一番普及し

Trackback URL:

http://shibacafe.blog50.fc2.com/tb.php/138-d15df658
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。