スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しい1日

木曜日はと~っても忙しい日でした。
日中に予定が5つも入り、2つはやむなくキャンセルしました。
キャンセルしたのは絵付けのクラスとワイン博物館見学。
そして、行ったのがこちら、L'Assemblee Nationale(国民議会)、フランスの下院です。
建物はブルボン宮殿と呼ばれ、ルイ14世の娘のルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンが建てさせたものです。

上院にあたる元老院の見学は去年あったのですが、都合が悪くて欠席したので、こちらは是非にも行かねばならぬ~...と力を入れて行ったのですが...

l'assemblee nationale


本当は木曜日には議会はお休みなのですが、前日の議事が長引いて、本会議場は使用中でした。
会議場が使用中の時には、付属の図書館も立ち入り禁止になるので、こちらも見学不可(泣)

本会議場ではなく、小さな会議場での審議は見学できました。
フランス語がわからないので、内容は10%ぐらいしか理解できなかったのが残念~。
フランス語では何というのかわかりませんが、書類を渡したり、メモを受け取ったりの雑用をする人達がタキシードに白い蝶ネクタイ姿なのが印象的でした。

その後、ブルボン宮殿から繋がっている議長の公邸も少し見学できました。

豪華~!

inside


ここは議長のオフィスのだとか。実務には使われていないような感じでした。

office


日本の国会議事堂も見学できますよね?日本にいる時は全然興味がありませんでしたが、機会があったら行ってみなきゃ~。

見学の後は議員食堂でのランチだったのですが、それをパスして、急いだのはフレンチマダム3人によるお料理教室。今回のメニューはフォアグラ、鶏のロースト、タルトタタンにブッシュ・ド・ノエルでした。

お料理の事はまた後日詳しく書くとして、お料理教室のデザート部分をパスして、再び急いで駆けつけたのが、ここ。

prefet's residence


パリとイル・ド・フランスのpréfet(知事)の官邸です。
見学の前に延々と説明してもらったにもかかわらず、今もってpréfetというのが何なのか良くわかってません。フランス語での説明だったのもありますが、政治の仕組みが複雑すぎるのも原因かと。
知事というのは国に任命されて、それぞれの県で国の出先機関を統括するんだそうです。
パスポートとかを発行するのは知事のオフィスの仕事です。

官邸の建物の正式名称はL'hotel de Noirmoutier。
今まで見てきたオテル・パティキュリエの中ではモダンで、装飾も控えめでした。

ここから急いで帰宅して、大輔&姫の散歩、そして夜はフランスにしては珍しく早く(6:30)からはじまったパーティに駆けつけたのでした。
あ~、疲れた。

Comment

はじめまして、写真素敵ですね。v-7ブルボン宮殿って文化遺産の日以外にも見学できる日があるのですか?

v-22姫さん、こんにちは~

夜のパーティは早くにお開きだったので助かりました。
アメリカ人がホストだったので、七面鳥とか、ひと足早いクリスマスのメニューのビュッフェでした。
足が疲れたぁ~。

本当に忙しい1日でしたね、読んでいて私も駆けている感じになりました。
重なる事はありますがそんなに重なるとはね?有意義な1日でしたね。


管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://shibacafe.blog50.fc2.com/tb.php/590-a23e6f6e
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。