FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chez L'Ami Jean

Chez L'Ami Jeanに行ってきました。
ここはパリのビストロを語る時に、外せないお店のひとつです。
相変わらずお店は超満員。

私のアントレはまぐろの刺身、パスタ添え。
日本人の感覚では、生のまぐろにパスタぁ~?って驚いてしまいそうですよね。
パスタは何かクリーミーなソースと絡めてあったのですが、さらっとマリネしたようなまぐろと、その上のイベリコハムとの組み合わせが、何故か美味しかったのです。
こういった、手が込んでいて予想外の美味しさを味わえるのが、レストランの醍醐味のひとつですね。

entree


ダンナのアントレはポタージュスープ。
クリーミーなのにあっさりしてました。

entree


私のメインは「牛の心臓」と鶏肉。
久し振りに臓物系が食べられるのか~と注文しようとすると、「牛の心臓」って何か知ってる?とウエイターさん。「え?」と言うと、「牛の肉じゃなくて、トマトだよ。」
あ~、あれね。トマトの中でも美味しいと言われる、特別のトマトなのです。
臓物じゃないけど、やっぱりそれを注文しました。
鶏肉がふんわり柔らかく、トマトとソースと共に口に入れると、幸せの味が広がりました。

plat


ダンナのメインは焼いた鶏肉のようですが、魚です。
何の魚だったのか覚えてません。脂が乗ってておいしかったです。

plat


デザートは、苺をオレンジの花ソースでマリネしたものと、リ・オ・レで悩み、ダンナに苺を注文してもらい、私は勇気をもってリ・オ・レにしました。

何故、デザートを注文するのに勇気がいるのかというと、

dessert


量が半端じゃないからです。優に3人前はあります。
クリームで絡めたご飯に、さらにキャラメルのクリームが添えられてます。
頑張って食べたのですが、半分も食べられずにあえなく玉砕しました。

やっぱり美味しいビストロはいいなぁ~と満足させてくれました。
フランスを離れる前にもう1回行けるといいのですが...

Chez L'Ami Jean
27 Rue Malar, 75007
tel: 01 47 05 86 89

Comment

v-22のっとさん、こんにちは~

こんな妙な組み合わせは珍しいのですが、美味しかったです。
デザートは、隣のフランス人が驚いて笑い出していましたから、かなり多かったようです。
でも、甘さもちょうど良くて、また食べたい美味しさなんですよ~。

まぐろの刺身、パスタ添え! いやぁ~やっぱりパリはお洒落ですわぁ♪
デザートの量が半端じゃないようだけど、フランス人はこんなのガンガン食べちゃうんですか?!

v-22Tさん、こんにちは~

この日はイースターの休みの最後の週末で、他のレストランは空席がめだつのに、ここはやはり大盛況でした。さすがです。
もっかい行ってください。ぜひ!

v-22マリさん、こんにちは~

ここは本当に有名ですよね。
高級レストランは大都市には色々ありますが、こういうビストロがあるのは、さすがパリだな~って思います。
ぜひ、行ってみて下さい!

シオンさん、ここは私でも知ってます(笑)
でも行ったことは無いのですが・・・

同じ素材でも国によって全然違う料理になるってのは
なるほど~って面白いですね!
リ・オ・レですが、病気の時にこれがお粥代りに出てきたら辛いですね~。

相変わらずですね この店
質も混雑度も
もっかい行きたいなぁ 我々も…


管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://shibacafe.blog50.fc2.com/tb.php/654-e340bc34
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。