FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市庁舎

何故なのかわからないのですが、パリ市長がカタールのシーク(首長)を招いての式典に招待されました。確かに、カタール人の知り合いはいるのですが、数回顔を合わせた程度です。
ともあれ、市庁舎の中が見たいので、行ってみることにしました。

la porte


厳重なセキュリティーを通って、門から続く赤い絨毯を踏みしめて歩いて、中へ。
わぁ、豪華。

salle


天井の豪華な絵に挟まれて、自由・平等・博愛の文字がありました。

le prafond


椅子に座りながら、キョロキョロと周りを見渡して楽しんでいたうちはよかったのですが、いつまで経っても式典が始まりません。
10時半きっかりに来いと招待状に書いてあったのに、なんてこと。
左隣のマダムは、この後約束があるのに~とソワソワ。
右隣のムッシューは「待たないといけないのなら、待たないといけないんだよ」と悟ってました。

1時間遅れてやっと、護衛に囲まれたパリ市長とシークと奥さんが入場。
2階にいる楽団の指揮者が、国歌を演奏する合図を待っています。

le chef


市長のスピーチとシークのスピーチがあって、それで式典は終了でした。

le marie


ぞろぞろと別の部屋へ移動。
こちらもわぉ~、豪華~です。
シャンパンその他の飲み物とおつまみが用意されていました。
市庁舎のシャンパングラスはフルート型ではなくて、古風な平べったい形でした。
ちょっとびっくり。

autre salle


この部屋の天井画も豪華でした。

le plafond


適当に飲んで食べてして、豪華な内装を堪能して帰りました。
それにしても、このお招きは何だったんだろう?と今でも不思議です。
式典の出席者は多い方が良いってことで、数に入れられたのかも。
理由はともあれ、思わぬ市庁舎見学が出来てラッキーでした♪

Comment

v-22姫さん、こんにちは~

市庁舎って日本で言うと県庁みたいなもの?
東京なら都庁ですね。なんだか、全然イメージが違うけど。
でも、日本でこのきらびやかさは似合わないかもしれませんね。
時間に悠長なフランス人も、さすがに1時間の遅れにはまいってました。

市庁舎の内装は豪華ですね。時間の正確な日本と異なり、余りの遅れに
ぐったり?でも写真も撮れて楽しんでいたのでは?後少しのパリ忙しいですね?


管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://shibacafe.blog50.fc2.com/tb.php/678-62cf53d4
Powered by FC2 Blog   Template by id:peacockblue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。